b0316589_22020605.jpg
この作品は見るたびに感動し幸せな気分になれます。
訪れたときは夏休みで子どもも多く、キラキラした水面に惹きつけられて、そのまま足を入れてしまいそうな子供がいました。

この秋、この作品の作者レアンドロ・エルリッヒの展示が森美術館があるので楽しみです。


# by craft-loulou | 2017-09-03 07:00 | たび | Comments(0)

b0316589_21583332.jpg
金沢21世紀美術館では8月、展示の一部にヨーガン レール展をやっていました。

過去にヨーガン レールさんの石のコレクションの写真集を見たことがあります。石の模様や色が本当に綺麗だったんです。

ここで偶然にも展示で石の現物を見ることが出来ました。21世紀美術館の中庭の展示方法も面白いです。


# by craft-loulou | 2017-09-02 07:00 | たび | Comments(0)

北陸たび④マスト抹茶


b0316589_21532931.jpg
金沢・富山旅行で最初に訪れたのは、禅の精神を広く海外に広めた故人を紹介する、鈴木大拙館です。

そこからすぐの金沢市立中村美術館は、地元の実業家が茶道具の収蔵品を寄贈したのが始まりの美術館です。

茶碗と棗を紹介する企画展示をやっていました。
また、東京ではなかなか見ることのない、大樋焼など 地元の陶芸も見ることができました。

この美術館の一階では、なんと300円で抹茶がいただけます。素晴らしい!!

常時、抹茶をいただける美術館や施設は大好きです。
カジュアルに焼物に触れることができます。
甘味処での抹茶ではダメなんです。茶室の設えや日本庭園があり、何かしらの縁がある茶碗を使っていれば、それはすてきな美術鑑賞になります。

今回は軽やかな井戸茶碗を選びました。干菓子も夏らしく色鮮やかです。



# by craft-loulou | 2017-09-01 07:00 | たび | Comments(0)

北陸たび③九谷五彩体験

b0316589_21422053.jpg
旅行中、金沢市内のミュージアム、クラフトショップなどで九谷焼を見て、図案のイメージなども膨らませ、金沢旅の2日目、市内の工房で色絵付け体験をしました。

上絵は初体験です。黒い線を引き、その上に重なるように、青、紫、緑、黄色の、絵具を盛っていきます(赤の絵具はちょっと違う使い方をします)。ガラスのコップでまず練習。
b0316589_21424867.jpg
筆でさっと描くのではなく、えのぐ「盛る」のがむずかしく、五色の色の配置の仕方もうまくいっているのかどうかよくわかりません。。。
図案も子供のお絵かきのようなショボさで写真を人前に晒すことはやめておきしょう。
完成は2ヶ月後だそうです。



# by craft-loulou | 2017-08-30 07:00 | たび | Comments(0)

b0316589_20363409.jpg
金沢の石川県立美術館にある野々村仁清の雉香炉です。
この香炉、実物を見るのは2回目ですが、びっしりと埋め尽くされた羽や、少し傾げているようにも見える頭など、見れば見るほど生々しいです。ちょっと気持ち悪いくらいかもしれません。

江戸時代の京焼の代表ともいえる野々村仁清。重文は20点ほどありますが、国宝はMOA美術館のものと、こちらを合わせて2点のようです。
また、石川県立美術館では、雌の雉香炉も所蔵しているため、対の雉を見ることができます。

九谷焼の皿もたくさんみて、翌日には市内の工房で五彩色絵付けも体験してきましたが、絵付けの大変さをしみじみ実感したのでした。




# by craft-loulou | 2017-08-29 07:00 | Comments(0)