<   2017年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

b0316589_12581564.jpg
ダッシュの体を撫でてあげると、よっぽど腹が減っているような時でない限り、喉を鳴らす。

最近思いついて孫の手を買ってみた。
私の体勢が楽なように、ちょっと離れたところから孫の手でダッシュをなでてみる。

ダッシュは撫でられていることを受け入れるけど、ゴロゴロ喉は鳴らさない。

楽美術館で見たような黒茶碗。
手のひらで包み持ち上げると思わずゴロゴロ喉がなっちゃうような(イメージ)器だったりするのだろうか。恐れ多くも、触れ合ってみたい。

写真は、ケージの上の端っこで熟睡する夏の昼下がり。

by craft-loulou | 2017-07-31 12:57 | 日々のくらし | Comments(0)

国立近代美術館で始まった『日本の家』展、さっそくいきました。いままでみてきた建築展よりずっともっと、家に対してポジティブに考えたくなるような面白い展示でした。
b0316589_10194137.jpg
b0316589_10200625.jpg
ジャングルジムのような家、植物が外にも内にも茂る家、こんな家で仕事したら、日々料理をつくって食事したら、どんな楽しいだろうか、と想像が尽きません。

ローマ、ロンドンの巡回展なので、『日本では』という説明も多く、戦後日本の社会とともに考えることができます。反省、という言葉が目に付いたのも印象的でした。
私感ですが、陶芸の作家がアトリエ兼ギャラリーを開設して、あるジャンルの雑誌などでも取り上げられることが多いのも、展示のいくつかのテーマと合致するかもしれません。
展示の切り口も多岐にわたっているので、見る人によってポイントは本当にそれぞれだと思います。

リピーター割引 1300円のところ500円。週末は21時まで開館と、奇抜な取り組みも好感。でも模型がたくさんで監視のスタッフは大変そう。展示物に気をつけつつ写真もたくさん撮りたくなる展示でした。


by craft-loulou | 2017-07-21 10:18 | ミュージアムレビュー | Comments(0)

巨大ゾウが吊るされているという思い切った展示。
b0316589_09383963.jpg

東南アジアの現代美術がぎっしりと詰まっていて、東南アジアの高温多湿な空気が伝わってくるような、興味深い展示でした。

これで1000円は安い! 国立新美術館との共通チケットは1800円です。

さて、iichiの出品をお休み中にしていましたが、
販売再開しました。
これから秋に向けて作品数を増やしていきたいと思います。配送業者の料金改定があったので、確認しつつ更新もしました。

https://www.iichi.com/mobile/shop/okadakazumi



by craft-loulou | 2017-07-17 09:32 | 出展のお知らせ | Comments(0)

真夏の焼成

b0316589_07234993.jpg
今年の梅雨は雨が少なめ。もう真夏といってもよいような天候の中、覚悟して焼成中。

窓を全開にして風を通すと、気持ちよさそうにダッシュ、朝寝をはじめました。この心地好さそうな寝姿に癒されますが、やっぱり窯のまわりは暑いです。


by craft-loulou | 2017-07-13 07:23 | 作品づくり | Comments(0)

b0316589_18032265.jpg
暑い季節にもはや外に繰り出そうとう気持ちになれないお年頃?になりました。

夏は、美術館か映画館か国会図書館でしょ!

国会図書館で陶芸や工芸の本などを好きなだけ借りて、お腹が空いたら食堂にいき、頭の凝りをほぐしたければ広い館内を歩き回ってみたりしてます。

閲覧室などが本当に広くて、多くの人が本を読みふけっている様子を眺めるのは心地よいです。そして、トイレの前や階段の踊り場などの、ほんのちいさな場所のタイルやモザイクなどの意匠が素晴らしいんですよね。建物に懐の深さのようなものを感じます。前川國男の建築。

by craft-loulou | 2017-07-11 08:02 | 日々勉強 | Comments(0)

土の色の移ろい

b0316589_08490479.jpg
赤土でボウルを使っています。
同じ型の器を、工程順に並べてみました。

右端から、削りの後のまだ湿った器。乾かして素焼前の器。素焼後に窯から取り出したうつわ。釉薬かけて本焼きした完成の器。
左の三点、釉薬をかけず土だけでこんなにも色が違うのですね。

この季節、汗をかきながらの水分とりながら、ぼちぼちと作業してます。


by craft-loulou | 2017-07-06 08:47 | 作品づくり | Comments(0)