<   2015年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

枯れた芝生の冬も終わる

松任谷由実の歌にこんな歌詞があった。

 彼は目を閉じて
 枯れた芝生の匂い
 深く吸った

それはラグビーのシーズンの終わりの歌。

10代のころに憧れてよく聞いたもんだ。
時は流れに流れて
いま、息子がラガーマンですよ。
高校入学からもうすぐ1年がたちますが、
意外と頑張って続いたなあと思う。

ま、そんなに強いチームではないにしろ、
名誉の?負傷もあったし、
部活の先輩が進路を先に進んでいくのを
刺激うけているし、
試合の後に焼肉も食べにいったりして
肉食男子?の風采も悪くないし
もうすぐ後輩も入ってくる。

ときに停滞と焦りの16歳、
でも新しい春が来ます。
楽しみです。
私も春を前に40代、
気ままにいろいろ仕込み中です。



by craft-loulou | 2015-02-26 16:47 | 日々のくらし | Comments(0)

ボクシング ペインティングで有名な篠原有司男はニューヨーク在住の作家。そして奥様も作家。作家家族のありのままの生活を収めたドキュメンタリー。

食べるところも、仕事するところも、バイヤーや友人も訪れるし、家族みんなの生活のすべてが同じ屋根の下なんてね。

牛ちゃんより、やっぱり私は妻の乃り子さんに感情移入しますね。「女のアーティストには、少しばかりのお金と鍵のついた部屋が必要」というのは映画のなかでのことば。

アイデアはいろんなところで湧いてくるけれど、それをキャンパスに定着させる一人の場所と集中できる時間をつくるのは本当に大切。そこのところ、私もうまくなりたいです。

そうそう、黒い飼い猫を乃り子さんがお風呂にいれているシーンがあったんですが、猫がすごくおとなしく洗われていて、なんだか素敵なシーンでした。




by craft-loulou | 2015-02-23 10:49 | 日々のくらし | Comments(0)

私のスイッチ

b0316589_23144342.jpg
朝日を浴びるダッシュ。
こんな土曜の朝は、猫と1日のんびりすごそうかなんて、おもいたくなるけれど、
私はお仕事なのですよ。

1日中、ダッシュと寝転がって過ごす日があってもいいよな、とおもいながら、
ちゃんと。
お化粧して、補正下着をつけて、腕時計をつけて出かけていくのです。

働いている間にお化粧はとれて、
帰宅したら腕時計を外して、補正下着を解いて、
そして
ただいま、といって、
ダッシュを撫でてあげます。


















by craft-loulou | 2015-02-21 23:14 | 日々のくらし | Comments(0)

ギャラリーめぐり

b0316589_19043853.jpg
この前の益子旅行にて、
いままで気になっていて素通りしてたギャラリーに初めて入れました。
どうも週2日ぐらいしかオープンしてないみたい。
日本語ペラペラな外国人の店主と、
意識しすぎのおじいちゃんのお客さん。
耳をダンボにしてたら、ちぐはぐな会話がとっても面白くほのぼのしてた。

休憩中でしまっているギャラリーや
お店のドアをあけても一向に店主が出てこないギャラリーや
一言感想を話したら、丁寧にリーフレットを手渡したくれたギャラリーや
様々でした。

どれもそれぞれに、あつい思いの詰まった場所。素敵ですね。
春を迎え、またどこか行きたい気持ちがむくむく芽生えてきています。





by craft-loulou | 2015-02-20 21:33 | 陶芸のこと | Comments(0)

映画みたよ:NO

b0316589_23083890.jpg
下高井戸シネマで。
80年代のチリ。
軍事独裁政権の信任を問う国民投票で、
選挙キャンペーンに挑むTVコマーシャルを
つくる人たちの実話に基づく映画。

人の心を掴むには、、、
という意味では、
創作することに携わるどんな人にも
深い示唆を与えてくれるのでは、
と思いました。







by craft-loulou | 2015-02-16 10:53 | Comments(0)

いい気なもんだ

b0316589_23322157.jpg
3時半に起こしといて、朝から熟睡。



by craft-loulou | 2015-02-12 23:30 | うちのネコ | Comments(0)

b0316589_21390963.jpg
鳩が丸くなってます。

通気口になっていて、ここから暖かい空気がでてくるんですよ。

写真を撮ろうと近寄ると、丸まったまんまちょこちょこと向こう側に移動するので、それ以上は関わらず、そっとしておきました。

そしたら後ろ側から来たこどもたちが、元気に蹴散らして、鳩は一斉に飛び立ってしまいました。




by craft-loulou | 2015-02-08 21:38 | 日々のくらし | Comments(0)

旅の楽しみ

b0316589_09131571.jpg
益子にいったときに、スターネットで食べたケーキセット。こんなに甘さ押さえめなケーキはこういう場所でしか食べられません。

私の旅行は大忙しで、基本的に一人旅なんですが、少しでも多くのお店に入り、少しでも多くの作品や建物や、いろんな物を見たいと、思う。
せっかちだな、私。
だから、過去に家族でヨーロッパ旅行にいったときなんかは、相当にそれぞれストレスが溜まりました。

せっかちな私を、まあまあ、といって引き止めてくれる、雰囲気のある懐の深い場所、というのが経験上何箇所かあって、益子のスターネットのカフェもその一つ。

数年前にランチをやめてしまったのが残念ですが、それも受け容れてのまた行こうと思う場所です。


by craft-loulou | 2015-02-07 09:07 | たび | Comments(0)

冬の一等星

子どもの頃そろばん塾に
かよっていました。
帰る頃には真っ暗で、
街灯もまばらな田舎みち
星が綺麗でした。
それから30年余り、
夜空を見上げてわかる星座は
オリオン座、北斗七星、カシオペア座
ぐらいだったかな!?

それがなんとなんと、
ここ最近、天体や星座の勉強していて、
冬の南の空に瞬く
一等星が全部認識できます。

ベテルギウス
シリウス
プロキオン
ポルックス
カペラ

星座の話はいろんな物語、
そしていろんな文化と
繋がっていて、
大英博物館のお宝を眺めているのと
同じようなものかもしれません。








by craft-loulou | 2015-02-05 23:18 | Comments(0)

地球の恵み

b0316589_23283088.jpg
b0316589_23280162.jpg
益子のあるお店の前のベンチ。飴釉などタイルが綺麗です。

飴釉のような茶色は、鉄の成分からきています。織部のような緑は銅に由来していることが多い。
茶色の釉薬がすきとか、緑の釉は好きでないとか、そういうことではなく、鉄で着色した釉薬も、銅を使う釉薬もどちらも陶芸には不可欠なものなのだと私は思っています。鉄や銅による着色は、大昔から多くの器の表現にも使われてきました。

自然のものを手にして作品を作っているからには、それらについて真面目に取り組んで勉強しなくてはと思うんですよ。まあ知識だけの勉強になっていますが。

地球という星ができたときの運命として、
って大げさですかね。
でも、いくつかの偶然のもとで鉄や銅などの鉱物が生まれ、その恩恵を受けているわけなので。

そういう私、去年から貧血で鉄剤を服用しているんですよね。化学を意識すると、ちょっといろいろに面白いです。




by craft-loulou | 2015-02-02 23:27 | 陶芸のこと | Comments(1)