<   2014年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

「元旦に仕事をするのが一番よろしいわ。誰も来よらへんしねえ。静かでほんまよろし」

といっていたという富本憲吉。ウイリアムモリスに憧れ渡英した経験をもち、民藝運動に加わるも途中で離れ、色絵磁器で人間国宝保持者。私の好きな作家の一人です。

私がライターの仕事をしていた10年ほど前、
年明けの0時をまたいで編集者とメールで打ち合わせしたり入稿をしていたようなことが数年ありました。みんな本業をしながら長期休暇に執筆の副業をしているので、それが普通なことだったんですよね。

正月だからこうしなければとか、クリスマスだからあれをたべなければとかってことは今まで優先度を低く過ごしてきてしまったけど、家族のためには最低限のことをしなければ、、とは思っています。ペンをもてば台所が気になり、台所にいれば土や釉薬のことが頭に浮かび、結局フワフワしている大晦日。



by craft-loulou | 2014-12-31 12:47 | 陶芸のこと | Comments(0)

淡交社からでている『工芸の見かた・感じかた』の著者は面白いことに、近美の工芸課。
近美の工芸館には近美の〝ついでに〟何度かいっているけど、あまり時間をかけずに出てきてしまう。見所がよくわからないからだと思う。
この本で、見かただけでなく感じかたまで提案しているのを知り、あっ!面白いと思った。

本の冒頭で、工芸という言葉、ジャンルについて整理しています。
1.伝統的工芸品、産業工芸
2.機械工業、インダストリアルデザインなど
3.作家の個性を表現する工芸
近美の工芸館で扱っているのは3です。名もない陶工の作った茶碗などはおいていません。

私の勝手なイメージだけど東京の美大で学ぶとすると2の方向が強いような気がするし、でも美大でデザインを専攻していたとしても、サークルなどで陶芸のせいさくに力を入れて3の道を進むこともあると思う。
四日市の地元では、地場産業が若手を育成しているのを見学させてもらったけど、1を目指すか3を目指すかで学びながら誰もが揺れ動くだろうと思った。

武蔵美の工芸の授業で、六本木のインテリアショップ→伝統工芸品のアンテナショップ→近美工芸館と順番にまわり、はい、レポートを書いて!という授業があったけれど、それが今思えば、この本の定義する工芸の三要素ということになる。その時はそれが捉えられずぼんやりとしたレポートを書いたと思う。また学生から学びなおしたいものだと、最近つくづく思います。







by craft-loulou | 2014-12-30 14:24 | ブックレビュー◇陶芸 | Comments(0)

『永仁の壺』 村松友視著  


by craft-loulou | 2014-12-29 22:41 | ブックレビュー◇陶芸 | Comments(0)

作品アップしました!

b0316589_16555316.jpg
黒地に白い花のレース模様のお皿など、何点か作品を追加しました。
レースをくっきりさせるかぼんやりさせるかで迷うのですが、ネットに写真をアップするなら圧倒的にレース模様くっきりのほうが良いようです。
iichiのサイトで。こちらです。

by craft-loulou | 2014-12-26 20:48 | 作品づくり | Comments(0)

冬至だから柚子

b0316589_23172536.jpg
b0316589_23174651.jpg
冬至なので柚子をスーパーで買いました。徳島産だという袋がついていたのですが、こらはいいアイデア、いいデザインですね。
このまま簡単にお風呂に入れられて機能的だし、徳島の土地の恵みをいただいることを、風呂のなかでじっくり感じることができます。

うちの猫、柑橘系の臭いがだめなんですよ。やっぱり柚子も、あっ、これ苦手なやつだといったか言わないか? 退避してしまいました。



by craft-loulou | 2014-12-22 23:17 | うちのネコ | Comments(0)

箱入りです

b0316589_23232415.jpg
10月に行った岐阜での足あとがこんな形でかえってきました。展覧会アンケートに答えて当たったようであります。
器は自分で作るほどありますから、むしろ外箱のほうを今はありがたがっています。この黒い箱もデザインを練ったんでしょう。お洒落です。



by craft-loulou | 2014-12-19 23:23 | 日々のくらし | Comments(0)

携帯電話とシャベル

この前のこと、コンビニの駐車場での車の接触事故に遭遇しました。

バックしていた白い車、通りから進入してきた赤い車、どちらが悪いかは微妙でしたが、しばらく様子を伺うことに。。野次馬ですね。

赤い車の女性が不思議で、自分の車や相手の車のぶつけた被害を見る様子もなく、ずっと携帯に向かっている、、。家族に助けを呼んでいるのか、通話している振りをしながら相手の出方をまっているのか、それともYahoo知恵袋に相談しているのか??

しばらくして白い車から、少し年配の夫婦がやってきて、それでも赤い車のほうは携帯をいじっていて出てきません。その後どうなったかまでは見届ける時間がなかったのですが、、。

人がどれだけ携帯に依存しているか思い知らされたような気がします。。。実際のところはよくわかりませんけどね。

昔、駐車場での接触事故をみたときは、口論になった挙句に車の中にあったであろうシャベルで相手に振り下ろそうとしていた、、、という緊張の瞬間を見たことがあります。私はそのまま通り過ぎたのでその後のことはわかりませんが。

気ぜわしい師走。世間はいろんなことで頭がいっぱい。こんなときほど気持ちが緩まないように、いろいろ緩まないように、気をつけないとですね〜。




by craft-loulou | 2014-12-16 23:38 | Comments(0)

小山田二郎展

b0316589_23510994.jpg
府中市美術館で小山田二郎展。
最近美術館に足を運ぶことが減ってしまったんだけど、特に洋画、日本画の展示は、、、。でも、見るべきものは見なければだめだなあ、と思いました。
心地よいもの、楽しいものをみることも大事だけど、凄まじいものや溜息が漏れそうなものにふれることも必要ですね。



by craft-loulou | 2014-12-14 23:50 | ミュージアムレビュー | Comments(0)

プランA プランB

b0316589_23171406.jpg
b0316589_23174356.jpg
東京都庭園美術館のタイルと大理石。

制作のほうは、カラー粘土で、練り込みを試行錯誤しています。マーブル模様でいくか、タイルモザイク模様でいくか。



by craft-loulou | 2014-12-11 23:16 | 作品づくり | Comments(0)

同じカテゴリー?

b0316589_22061724.jpg
猫とフクロウの共通点を探っております。
野性味: 猫が負けてます。



by craft-loulou | 2014-12-08 22:05 | Comments(0)