カテゴリ:ミュージアムレビュー( 24 )

国立近代美術館で始まった『日本の家』展、さっそくいきました。いままでみてきた建築展よりずっともっと、家に対してポジティブに考えたくなるような面白い展示でした。
b0316589_10194137.jpg
b0316589_10200625.jpg
ジャングルジムのような家、植物が外にも内にも茂る家、こんな家で仕事したら、日々料理をつくって食事したら、どんな楽しいだろうか、と想像が尽きません。

ローマ、ロンドンの巡回展なので、『日本では』という説明も多く、戦後日本の社会とともに考えることができます。反省、という言葉が目に付いたのも印象的でした。
私感ですが、陶芸の作家がアトリエ兼ギャラリーを開設して、あるジャンルの雑誌などでも取り上げられることが多いのも、展示のいくつかのテーマと合致するかもしれません。
展示の切り口も多岐にわたっているので、見る人によってポイントは本当にそれぞれだと思います。

リピーター割引 1300円のところ500円。週末は21時まで開館と、奇抜な取り組みも好感。でも模型がたくさんで監視のスタッフは大変そう。展示物に気をつけつつ写真もたくさん撮りたくなる展示でした。


by craft-loulou | 2017-07-21 10:18 | ミュージアムレビュー | Comments(0)

b0316589_17284534.jpg
菊池寛実記念 智美術館で6/10から新しい企画展が始まりました。そのブロガー向けイベントに参加してきました。
〈写真は主催者から許可を得て撮影、掲載しています。〉

b0316589_17290599.jpg
『珠玉の現代陶芸』展示のサブタイトルに『マダム菊池のコレクション』とあるのは、美術館設立者である菊地智のコレクションからの出展だからです。この美術館、実業家のお父さんの名前を冠してはいますが、設立者はその娘、女性なんですよね。

智美術館の開館は2003年。歴史は浅いようにも思えますが、ギャラリー寛土里をオープン、1980年代前半にスミソニアン自然史博物館やヴィクトリア&アルバート博物館でも展示を行うなど陶芸作品の収集や展示の実績は長く、陶芸作家との交流も多岐に渡りました。菊池智は昨年93歳で亡くなりますが、その足跡をも辿る見応えのある展覧会でした。

b0316589_17303375.jpg
b0316589_17310550.jpg
写真上が加藤唐九郎の『紅志野大皿』写真下の手前が河井寛次郎の『花扁壺』。
ええと河井寛次郎は民藝運動にかかわっていて、加藤唐九郎は瀬戸の志野で。久しぶりに現代陶芸の展示に触れて、その作風や技法などを思い出すような出せないような。。。

でも、いつもこの展示室では難しい知識抜きで楽しいのです。おそらく展示室にガラスケースがなく、充分なライティングの元で、好きな角度から存分にその形や釉薬の質感が見られるからだと。

b0316589_17312639.jpg
青磁の作家のなかでもひときわ目を惹くのが、川瀬忍の足の長い『青磁香炉』。この無重力感、宇宙人みたい。本当に美しくて楽しい展示です。

小さな作品があるのも、私人のコレクション展ならではかもしれません。鈴木治も八木一夫の作品も、小ぶりだからこそ意味深でもあり軽やか。

b0316589_17315036.jpg
鈴木治の『鳥』

b0316589_17321868.jpg
八木一夫の『Memories of Many・・・』

b0316589_21530592.jpg
松井康成の練上も10センチほど。私には見慣れないサイズからかとても新鮮。

陶芸といえば、東博の『茶の湯』展が記憶に新しい、歴史上の器に注目してしまいがちです。
でもこの展覧会では、私たちが手に届きそうな(買えそうな?でもあるし、もし死ぬほどの思いで頑張れば、取り入れて制作に活かせそうなでもある)器が存分にみられます。

中村錦平さんの扁壺。
この方は市販の釉薬と土、電気窯で制作しているとのこと。金沢の陶芸の家の出身ながら、自らの作品を『東京焼』とよんでいるそうです。
b0316589_21593033.jpg

たっぷりと陶磁器がみられるこの展覧会、これから蒸し暑くなる季節ですが、涼しい美術館でまたじっくりゆっくりみに行きたいと思います。

菊池寛実記念 智美術館の
珠玉の現代陶芸』展示は、
2017.6.10〜9.3です。



by craft-loulou | 2017-06-11 17:28 | ミュージアムレビュー | Comments(0)

町田で横尾忠則展

b0316589_12403076.jpg
町田の後は十和田で個展だそうな。
凄いパワフル。
横尾さんも愛猫家なんですよね。
売店でねこノート買いました。


by craft-loulou | 2017-06-09 12:38 | ミュージアムレビュー | Comments(0)

ミュージアムメモ

b0316589_20175415.jpeg
今年に入ってからハイペースでミュージアムにいってます。

イギリスからくり玩具展/八王子夢美術館
ラスコー展/国立科学博物館
春日大社展/国立東京博物館
マリメッコ展/bunksmura museum
根付と現代を結ぶ造形/三鷹市美術ギャラリー

春日大社展がとてもよかった。縁起絵巻や曼荼羅は人間の想像力満載。奈良公園の鹿の映像もブラボー。

うちの守り神、今年も元気です。







by craft-loulou | 2017-01-22 20:14 | ミュージアムレビュー | Comments(0)

憧れのモランデイ

b0316589_08585539.jpeg
東京ステーションギャラリーへ『モランデイ』展を見にいってきました。

ずっとモランデイの絵のモチーフのような器を作りたいというイメージをもち、10年前の雑誌も保存してあるのですが、美術館でモランデイの作品をまとめて見るのは初めて。モランデイの作品のような、白いシャツと淡いぐれーのカーディガンを着て出かけていきました。

改めて今、こうして一連の作品を見てくいと、だんだん幸せな気分になってくる。モノへの愛着で人はこんなに楽しく満たされた気分になるんだな、と。

自分の家にある好きな器を並べて、写真をとって遊んでみたい。

何より、並べて愛でて幸せな気持ちになれる器を作りたい。

モランデイ展、4/10日までです。


by craft-loulou | 2016-04-03 08:58 | ミュージアムレビュー | Comments(0)

大きな絵と小さな絵

b0316589_23284996.jpg
先日、森美術館の村上隆展を見に行ってきました。大きな大きな五百羅漢図は、ボリュームたっぷりで迫力ありました。でも一度みただけでは私なりのフォーカスが定まらず、ふわふわとした気分で展示室を通り抜けた感じ。

その後、久しぶりにふとある作品のことを思い出しました。それは国立近代美術館所蔵の長谷川利行の『タンク街道』。
額に入った小さな作品だけど、構図の大胆さと赤の強いコントラスト。この絵の前に立つとクラクラして若干のめまいがしたのは、随分前のこと。でもそのときのことはよく覚えている。額に入った小さな絵なんですけどね。

陶芸をやるようになり、なんとなく日本画や洋画よりも、立体的なものの展覧会のほうがよく見るようになって久しいのだけど、たっぷりと日本の絵画をみてみたいと思ったのは村上隆展をみた効果かもしれないです。






by craft-loulou | 2016-01-07 23:09 | ミュージアムレビュー | Comments(0)

年末の東京駅を俯瞰する

先日、東京ステーションギャラリーに行ってきました。
現代のアーティストたちのリトグラフの展示会をやっています。

東京ステーションギャラリーは以前からアクセスの良さもあってよく立ち寄りましたが、リューアルオープンしてからかなり好き。

情緒的な大人っぽいしっとりとした展示が多いような気がします。来場者は多くはないけど、だからこそ限られた人だけが、展示室を出たところで、東京駅のこの景色も見られるわけです。

b0316589_00033524.jpg

年末的なものは残念ながら見当たらなくてちょっとがっかりしたけれど、東京駅はライトアップのイベントをやっており、ゾロゾロと連なる人の群れに無意識についていきそうになりました。東京は相変わらず人が多いです。








by craft-loulou | 2015-12-30 18:52 | ミュージアムレビュー | Comments(0)

ショップで陶芸に触れる

b0316589_23051129.jpg
私はミュージアムショップが大好きで、例えば、その館の所蔵品から作ったグッズがあり、その場所ならではの本のラインナップがあれば最高です。

先日にいった智美術館のショップはスペース小さめなのですが、素敵な試みがはじまっていました。

入選作品の作家さんの作品が、展示販売されています。全部を並べることはできないので、ある程度の時期を区切って入れ替えていくそうです。

サイズもお手頃で、お値段はそれなりにですが、なんといっても入選作品の分身に触れるというのが嬉しい。

デパートや商業ギャラリーやそれから国立博物館のショップなどともまったく違った形で値段つきで並んでいるんだと思うとちょっと面白いですね。数が揃えられる作家と難しい作家、それぞれあるでしょうしね。

まあでも、あまり値段にとらわれず、まずは作品にふれて楽しめるハンズオン展示のようなものとして体験すればいいと思います。たまたま足を運んだときに誰の作家のものが並んでいるか、その偶然も楽しみです。



by craft-loulou | 2015-12-28 21:04 | ミュージアムレビュー | Comments(0)

b0316589_00092871.jpg
12月から始まった第6回菊地ビエンナーレ展。入選作品50展が展示されています。
学芸員の方のレクチャーを受けながら、写真撮影をさせていただきました。

公募展は智美術館の主幹事業で6回目。今回は審査員の半数が変わったそうで、これまでの傾向とは違った作品も多く選ばれたとのこと。その一つが津森愛香さんの「サムライ・マーメイド」
b0316589_16054903.jpg
写真だと右側の作品です。サムライという言葉にシニカルなメッセージも感じられます。造形にも目をひきますが、このようなコンセプチュアルな作品が選ばれたことも、今回の新しい動向のようです。

全国からの応募作品から選ばれた入選作品は、年齢も幅広く、20代から70代まて様々。都道府県ごとの応募と入選数について公表されているので、そこから読み解こうとできるのは陶芸ならではかもしれません。全国のそれぞれの産地に特徴や個性がありますから。

入選者には、産地で陶芸を学ぶ学生もいれば、陶芸以外の、例えば建築など様々なジャンル出身者もいます。

海外生活の経験があり、グラフィックデザインなどを経て陶芸を始めたという若月 バウマン ルミさんの「Form」。トルソーのようにも見えるダイナミックな形の作品は土のあたたかさを感じつつ斬新。

b0316589_16143084.jpg

今回、練り込み作品が多いというのも一つの特徴だとか。

b0316589_00110113.jpg

岐阜で小さな作品をいくつか見たことはあった伊藤秀人さんの「練彩大鉢」もわたしのヒット。もう少し柔らかめの光でも見てみたい気がします。この方の作品は練り込まれた土の質感と輝きが繊細なんです。またゆっくりとみたい。

b0316589_16232680.jpg
私が好きな作品を少しだけピックアップしてみましたが、焼締、色絵、壺、大皿、バリエーションに富んでいて全部で50点あるので、時間をたっぶりとってみにいくのをお勧めしたいです。

また期間中、ギャラリートークが多く開催されます。作家と審査員とのトークも設定されていますよ。私もいくつかの日程で足を運びたいと思っています。

菊地ビエンナーレ 展 は、3/21まで。
詳しくは智美術館のサイトでどうぞ。







by craft-loulou | 2015-12-26 00:01 | ミュージアムレビュー | Comments(0)

菊地ビエンナーレ展

b0316589_23192556.jpg
菊地ビエンナーレは、虎ノ門にある智美術館が行っている公募展です。
入選作品約50点を展示する企画展に行ってきました。
ブロガーイベントへの参加が急遽可能になったのでその時のお話も取り入れつつ、時間がとれたらゆっくり振り返りたいとおもいますがまずは展示についてあげておきます。

菊地ビエンナーレ 展

12月19日(土)~2016年3月21日(月・祝) 
休館日:毎週月曜日(ただし1/11、3/21は祝日のため開館)、1/12(火)、年末年始[12/28-1/1]

http://www.musee-tomo.or.jp/




by craft-loulou | 2015-12-23 23:10 | ミュージアムレビュー | Comments(0)