カテゴリ:たび( 16 )

b0316589_21353951.jpeg
マカオの地に立つ西欧人の巻。マカオの博物館にて。
この博物館は7年ぶりだけど展示物を結構記憶してました。ある時代、お茶と器にどれだけの人々が突き動かされてきたかと思わず興奮させられる場所。そして、大砲と十字架が入りみだれる歴史の街でもあります。

b0316589_21431966.jpeg
香港はイースターで4連休でした。イギリスゆかりの習慣も残しているんですね。

b0316589_21480882.jpeg
昔から香港の産業として、時計と玩具があげられるそうで、香港の歴史博物館でおもちゃの企画展。連休で混雑していてそちらはみませんでしたが、ホンコンの歴史をたどる常設は立派な展示で見応えありでした。

b0316589_21520223.jpeg
フォーシーズンズのプールバーで、Hong kong fizz。連れと2人旅だったので、お酒もたのしい旅でした。


by craft-loulou | 2017-04-26 21:34 | たび | Comments(0)

高松、直島、牟礼へ

b0316589_08021699.jpeg
高松空港からレンタカーを借りて、フェリーで直島で一泊。そして牟礼のイサムノグチ庭園美術館にも行くことができました。
イサムノグチの施設内、写真はとれませんが、この地域一帯が石材業者が多く、それを撮ったもの。

直島では、李美術館の作品や護王神社の石室、
ベネッセハウスの安藤忠雄の建物も、コンクリートだけでなく、大理石の原石が多く使われてました。石をたくさん見てきました。この経験も自分のなかに吸収したい。

b0316589_07595920.jpeg
宿泊したベネッセハウスは、私の好きな杉本博司の作品もたくさん。
弾丸の一人旅でしたが、偶然にもかつての知人との出会いもあったりして、とてもエキサイティングな旅でした。
目標や夢やいろんな、ことが膨らみました。

by craft-loulou | 2017-03-13 07:57 | たび | Comments(0)

b0316589_09091866.jpeg
b0316589_09093830.jpeg
12月に出稼ぎ仕事が一区切りとなるので、どっか行きたい、どっか行きたい、と心の声が大きくなってきた。
そんなときは益子です。
あわせて笠間に1泊でブラブラしてました。

益子はもう5回目くらいかな。行きたいポイントが歩いてちょうど良い距離で散らばっていて、散策するのに本当に良いところ。

笠間は初めてでしたが、町興しの違いなんかも垣間見えるようで、興味深かったです。

暮れの稲荷神社の参道、
薪ストーブ、暗闇の森と星の群
凍った池、霜柱、丸まる猫、
登り窯、器、器、器。

年の瀬に宿も美術館も乗り物もほとんど貸切状態。
ゆるさが逆に自分をしゃんとさせる。
目と心にたくさんの栄養をもらいました。
b0316589_09183357.jpeg



by craft-loulou | 2016-12-19 09:08 | たび | Comments(0)

故宮博物院

b0316589_10382568.jpeg
この前の台北。
世界3大美術館は、5大美術館は、と頭のなかでひとり議論するのが大すきなんだけど、はたして、故宮博物館も同じカテゴリに入れていいのかどうなのか、なんて思いました。それぐらい、いろいろ想定外。

圧倒的にツアー客が多く、動線はなんだかぐちゃぐちゃだし。そもそもみんな何語を話しているかよくわからないけど(中国やその周辺の言葉が聞き分けられない、そして英語ではもちろんない)とにかく声がでかい。みんなベンチを奪い合い、そして横になろうとする、そして他の客から怒られる、とか。

屋外で記念撮影してる人たちのファッションやポーズをみているだけでも、本当に面白かった。
ちょっと落ち着いて見られなかったから、また出かけよう。景徳鎮の素晴らしい龍を見に行こう。



by craft-loulou | 2016-06-01 10:37 | たび | Comments(0)

台北へ

b0316589_08253611.jpeg
今年のゴールデンウィークは仕事でゆっくりできなかったので、強制的に休暇を楽しもうと、LCCで一泊の台北旅行にいってきました。

日本統治時代からの古民家で営まれている茶藝館(写真)。
冷たいスイーツ。
味の濃い野菜。
コンビニのなかの微妙な日本。
朝の豊かな街路樹とバイクの排ガス。
蒸し暑い夜のポツポツと灯るカフェ。
そして漢字の洪水。

実際は、
地図を見てあたふたしたり、
相変わらず言葉が通じず笑顔でやり過ごしたり、
大人の一人旅とはいえ優雅さはないけど。
アンチエイジング、元気になって帰ってきました。

またゆっくり家族とでもいきたいです。



by craft-loulou | 2016-05-30 08:24 | たび | Comments(0)

春の箱根

b0316589_17193247.jpeg
b0316589_17003064.jpeg
早春の箱根に行ってきました。
部屋から見えるお山は、まだぼんやりと眠っているかように静か。
でもひんやりとしたバルコニーに出てしっかりと目を見開くと、ぽつりと山桜の花がほころび、多くのほかの木々も蕾をまとっていました。

b0316589_17134745.jpeg

お料理は、山菜の天ぷら、苺、桜のはな、桜肉。口の中で春のほろ苦さや酸っぱさ、いろんな味を探していきます。温かいものも、冷たいものも楽しめるよい季節です。

ものを作るには、五感を働かせて感動することを大切にいないといけないんだ、なんて話しながら、お酒も進んでいくのでした。



by craft-loulou | 2016-03-28 17:19 | たび | Comments(0)

b0316589_22452518.jpg
京都駅から南にJRを乗り継いで、山崎駅から坂道を登ると、大山崎山荘美術館があります。私の好きな美術館ベスト3にはいる場所。

今は陶芸の企画展やってます。所蔵品のバーナード・リーチら民藝と、ルーシー・リー。実際にはルーシーとハンス・コパーの作品を15点ほど借りての(京都国立近代美術館蔵)企画展なので、点数少なめ。でも十分すぎるほどいろんな発見がありました。

安藤忠雄に設計の別館では所蔵品のモネの睡蓮が見られます。その睡蓮をイメージしたケーキに感動。

外装工事中は残念だったけど、テラス席は使えて開放的で本当に気持ちいい。
午前中だったんだけど、実はこれと一緒に、アサヒスーパードライも飲んでますからね。なかなかいい旅でしたよ。



by craft-loulou | 2015-10-19 22:44 | たび | Comments(0)

アニバーサリー

b0316589_22311056.jpg
先日の京都旅行はオットとだったのですが、
某ホテルレストランの予約の時に、
どうせなら空欄を埋めようと、
結婚記念日です、と送信したら、
恥ずかし、、、
お祝いに、ピエールエルメのマカロンを
お店から(^ ^)
小さい子どものバースデーならともかく、
いや、こういうの恥ずかしいもんですね。

結婚当初、先輩から結婚生活なんて
20年たたないとわからないわよ、
って言われたものですが、
その年に近づいて、なんだかお互い
やっと穏やかに過ごせるようになったかな
とおもいます。

まだまだ現役サラリーマンの夫ですが、
休日は手作り市などにも時々
ついてきてもらっています。
夫にもクラフトの道を進めているんですけどね。
レザーとかどうだろうって。でも、
まったくやる気はないようです。




by craft-loulou | 2015-10-18 22:30 | たび | Comments(0)

京都にいっていました

b0316589_19273574.jpg
今回の京都は、美術館と神社と。
初めての安倍晴明の晴明神社。

にわか天文ファンなので、天を見上げるこの方はちょっと特別に感じます。

b0316589_19320577.jpg
ごぼう星は桔梗の花を表しているんだとか? 桔梗がちょうど咲いていました。



by craft-loulou | 2015-10-15 19:11 | たび | Comments(0)

小樽再訪

b0316589_21144571.jpg
b0316589_21141474.jpg
札幌から電車で小一時間の小樽。
村松友視の『海猫屋の客』を読みながら、大人の夜に憧れドキドキ店に入り、そそくさと夕食をとった22歳の一人旅は20年以上も前のはなし。
今回はランチタイムではあるけど、なんの躊躇もなく1人で入りビールをのみながらカレーを食べる。私、大人になったなあw。

外国人観光客が観光バスで押し寄せてドヤドヤとレストランに入っていくなんて風景、昔はなかった。でもさすがに海猫屋はちゃんと同じたたずまいでホッとした。

北一ガラスは時間がなくて諦めたけど、小樽市の美術館と文学館がまたよかった。展示室のスタッフから声をかけられてしばしの対話。運河の絵を描くことで運河を残そうと情熱をかけたデザイナーの特集展示。小樽の街への熱い思いに触れた。旅は楽しい。







by craft-loulou | 2015-07-08 21:13 | たび | Comments(0)