そして丹波にいってきました

b0316589_20360984.jpeg
b0316589_20385604.jpeg
京都に泊まったついでに更に西へ。
福知山線に乗り換えて、丹波焼の里に行きました。
雨が降り風も強く、バスの便も一時間に一便もないほど。予想以上の僻地! 
山と川の流れは豊かでタイムスリップしたかのような気分。

関東では馴染みが薄いように思える丹波焼。江戸時代は生活の雑器を、明治以降は輸出産業としての道を歩み、その流れで立杭という地に、陶芸の研究施設と美術館があるらしいです。美術館に引き寄せられ訪れてみたのですが、とても立派な美術館で、企画も釉薬を分析した独創的なものでした。

こうして西へと少しずつ進み、いずれは九州もいってみたいです。


by craft-loulou | 2016-12-29 20:35 | 陶芸のこと | Comments(0)

陶器の作品を作っています。日々の生活を楽しく豊かに過ごすために、心に残ること、大切にしてることを記録しています。 所属するアトリエや自宅で陶器の作品を作っています。


by utsuwa_neko